スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


野生ザル「スノーモンキー」商標騒動が決着(読売新聞)

 雪の中、温泉をのんびり楽しみ、「スノーモンキー」として親しまれている長野県山ノ内町の野生ザル。この「スノーモンキー」という呼称を、地元ホテル3社が商標登録していたことが9日、分かった。

 町内からは「独占は良くない」という声が上がり、町がこの商標を承継することになった。

 野生ザルは、同町平穏の「地獄谷野猿公苑」付近に約200匹が生息。露天風呂に入るという世界的にも珍しい習性が海外でも広く知られ、多くの外国人観光客が訪れている。

 特許庁や山ノ内町観光商工課によると、地元ホテル3社は昨年11月、「スノーモンキー」「雪猿(ゆきざる、せつえん)」の呼称について商標登録を出願。指定商品・サービスは菓子、パン、弁当、主催旅行の実施などとなっている。

 ところが、温泉街と地獄谷野猿公苑入り口を結ぶバス「スノーモンキーホリデー観にバス」を運行している運営協議会などが「この名前で運行できなくなる」「ずっとみんなで使ってきた呼称なのに」と反発。

 当初は関係者で話し合っていたが、3月の町議会で多くの議員が取り上げたため、竹節義孝町長が3月、3社と協議。「町が商標を受け継いで、観光振興のために広く使いたい」と申し入れたところ、3社側も「地元以外の無関係の人が商標を取る動きがあったから出願した。独占したり、金もうけをしたりするつもりはない」と、了承したという。

 商標は4月に登録された。7月下旬までは特許庁に異議申し立てができる期間のため、町はその後に、正式に商標を承継する。町議会は9日、商標を承継するための事務委託費30万円を含む補正予算案を可決した。

 承継後は、町内の業者が自由に使えるようにする方針で、竹節町長は「スノーモンキーは世界に誇れる観光資源。地元でいざこざを起こさず、みんなで仲良く使ってもらいたい」と話している。

未来の科学技術 31年に宇宙旅行 40年に有人月面基地(毎日新聞)
火災 住宅全焼で夫婦?死亡 浜松(毎日新聞)
平沢元死刑囚 代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
「賠償交渉の会」請求にJR西が回答提示 JR福知山線脱線事故(産経新聞)
サムライ in NY 米ニューヨーク「ジャパン・デー」(産経新聞)

<最高裁>親子見学会、7月下旬に開催(毎日新聞)

 最高裁は7月26、27、29、30日の4日間、小中学生と保護者を対象にした毎年恒例の「夏休み親子見学会」を開く。今年は裁判関連の問題を解く「子ども最高裁検定」も実施。法服を着て裁判官席に座り、判決の言い渡しも体験できる。参加無料で、応募者多数の場合は抽選。希望者は11日までにはがきで申し込む(当日消印有効)。詳細は最高裁のホームページ(http://www.courts.go.jp/saikosai/)か最高裁広報課(03・3264・8151)へ。

【関連ニュース】
行橋・京都少年の船:沖縄で「平和」と「海」に触れて 8月実施、参加者募集 /福岡
京王電鉄:「お仕事体験」小学生を募集 /東京
友情のレポーター:NPO国境なき子どもたちが募集 アジアの子供たちを取材 /東京
児童短期留学:ミニ山村で夏満喫 人口140人の豊根村富山地区で10年迎え /愛知
社告:「めざせ!食育マイスター」開催地を募集 6月30日締め切り /東京

訃報 本多立太郎さん96歳=戦争体験の語り部(毎日新聞)
首相問責決議案、社民+民主造反3で可決も(読売新聞)
菅首相誕生へ 野党、風向き変化警戒(産経新聞)
<四国知事会議>口蹄疫対策で協力 高速料金、あくまで全国一律に(毎日新聞)
ネットと街頭演説の連動 ツイッターは避ける(産経新聞)

仕分け後半戦 免許講習コスト減 「省エネ大賞」は廃止(産経新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は20日、公益法人などを対象にした「事業仕分け第2弾」の後半日程に入り、全日本交通安全協会(全安協、警察庁所管)が独占的に受注している運転免許の更新時講習について、競争入札の導入やコスト削減を求めた。刷新会議では、計70法人の82事業を対象に25日までの4日間、仕分け作業を行う予定。

 仕分け人は、運転免許の更新時講習で全国的に使われる教本について、全安協が随意契約で独占受注していることを問題視。「(後部座席の)シートベルト義務化など道路交通法の変更点に特化すれば、教本の原価は下げられる」(蓮舫参院議員)などと追及した。

 一方、塩事業センター(財務省)が食用の塩を供給するために所有する約600億円の正味財産について「過大」と指摘。業務を見直した上で一部を国庫に返納するよう求めた。省エネルギーセンター(経産省)など2法人が実施する「省エネ大賞」などの表彰事業については「廃止」の判定を下した。

 同日午後は、空港環境整備協会(国交省)の駐車場による空港周辺環境対策なども取り上げる。刷新会議では、国が所管する約6600の公益法人のうち、国が事業を委託したり権限を付与したりしていて、事業の無駄などの問題点が多い法人を対象に選び、仕分け対象に取り上げた。

【関連記事】
事業仕分け 教本32億円…運転免許利権にメス
事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し
不透明配分、独占販売…仕分け、宝くじ協会などメス 
仕分けは経営介入か? 尾立氏「社内対立に入っちゃった」と困惑
カラダの“事業仕分け”完了!?杉田かおる変身のワケ
中国が優等生路線に?

裁判長らが現地視察=諫早湾干拓開門訴訟―長崎地裁(時事通信)
被害者なのに…責任追及の矢面に(産経新聞)
石川議員を東京地検が聴取、「事実を正確に説明」(読売新聞)
常用漢字 191字増の2136字 改定答申案決定(毎日新聞)
<離婚式>結婚指輪をハンマーでたたきつぶし “最後の共同作業”が盛況(毎日新聞)

鶴見川に女性の袋入りの遺体 死体遺棄で捜査 (産経新聞)

 10日午後3時半ごろ、横浜市鶴見区鶴見中央の鶴見川で、袋に包まれた女性の遺体が浮かんでいるのを通行人の男性(64)が発見、別の男性を通じて110番通報した。袋の口が縛られ、重りのようなものがつけられており、神奈川県警横浜水上署は死体遺棄事件として捜査を始めた。

 同署の調べによると、女性は50代以上とみられる。腐敗が進んでおり、死後数週間が経過。目立った外傷はなかった。身元を示すような所持品はなく、着衣もほぼ身に着けていない状態だった。ポリ袋のようなものに入れられて、顔だけ出し、重りのようなものがつけられるなど細工の跡があったという。

 同署は女性の身元の確認を急ぐとともに、司法解剖して死因を調べる。

 現場は多くの車が行き交う国道15号近くで、JR鶴見駅から南に約500メートルの地域。付近には工場のほかマンションが立ち並ぶ。

 帰宅途中に現場を通りかかったという高校教諭の男性(42)は「人が集まっていたので川をのぞいてみたら、白い足のようなものが見えて驚いた」と話していた。

【関連記事】
鶴見川で女性の変死体 遺体が沈むよう細工 死体遺棄事件で捜査 
死体遺棄、殺人容疑も視野に 元夫、複雑な生活遍歴 静岡・御殿場
自宅で生後数日の乳児殺害、容疑の母再逮捕
死体遺棄容疑で元夫を逮捕 静岡・御殿場
死体遺棄を供述、元夫を逮捕へ 静岡

指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」 (産経新聞)
鳩山首相、今月中旬にも沖縄再訪問の意向(読売新聞)
政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
<愛知高速交通>社員が8900万円着服…横領容疑で告訴へ(毎日新聞)
偽シャネル製品販売目的所持の会社社長ら逮捕 515万円売り上げ 警視庁(産経新聞)

「民の声は天の声」 小沢氏「起訴相当」でも幹事長続投を表明(産経新聞)

【新民主党解剖】第4部(3)失望と動揺

 ■真っ向から対峙

 「意外な結果で驚いている。最終的には、検察当局の適正な判断がなされると信じている。何もやましいことはしていないので、与えられた職務を淡々と全力でこなしていく」

 民主党幹事長、小沢一郎は27日夜、党本部で緊急に記者会見し、幹事長続投を表明した。自らを「起訴相当」と議決した東京第5検察審査会の判断に、真っ向から対(たい)峙(じ)する姿勢を示したものだ。

 記者会見には、国対筆頭副委員長の松木謙公、小沢の元秘書である副幹事長の樋高剛ら側近たちが立ち会い、小沢に寄り添った。これに前後して、側近たちは手分けして関係各方面に小沢続投を報告する電話を入れていた。

 一方、検審の議決要旨には、小沢を厳しく批判する言葉が並んでいた。

 「(小沢の供述は)極めて不合理・不自然で信用できない」「市民目線からは許し難い」

 民間の有権者で構成する検審の議決は、事件に対する国民の率直な見方が反映される。それは、党所属議員もよく理解している。

 「民の声は天の声だ。重く、重く受け止めなければならない。政権与党の代表である(首相の)鳩山由紀夫君が決断することだな」

 民主党の長老である元衆院副議長、渡部恒三は議決を受けて記者団にこう述べ、小沢の更迭要求にまで踏み込んだ。

 小沢を批判し、副幹事長を解任されかけた生方幸夫も「国民の声を受けて、幹事長職をお辞めになるのが第一歩だ」と指摘した。「有権者の声」というお墨付きを得た小沢批判は、もうこれまでのように封印するのは難しい。

 ■揺れとあきらめ

 小沢は27日夕、党本部で大阪府知事、橋下徹と会談する予定をドタキャンした。理由は、当の橋下も「分からない」という。

 党内で圧倒的多数の「子分」を束ねる小沢の力は強大であり、小沢側近の一人は「小沢は徹底的に主張を貫き通すという腹ができている。小沢の進退問題にはならない」と言い切った。

 ただ、周囲には動揺も広がっている。小沢に近い党選対委員長の石井一は「国民の意思の表れだから厳粛に受け止める。選挙への影響を心配せざるをえない」と言葉少なに語った。

 別の側近は、西松建設による違法献金事件で大型連休明けに小沢が代表を辞任した昨年のことを思いだした、という。もっとも、小沢をよく知るベテラン議員は、あきらめ顔でこんな見方を口にした。

 「小沢は、参院選で負けた後に、(過半数確保のため)公明党や新党を引っ張り込めるのは自分だけだと思っているんじゃないか」

 小沢は強気を崩さないが、今後の展開は誰も予想できずにいる。

 ■鳩山の決断あるか

 「それは当然、党の立場の方からは何らかの判断がなされる可能性があると思います」

 首相の鳩山由紀夫は27日夜、東京第5検察審査会が民主党幹事長、小沢一郎について「起訴相当」と議決した問題をめぐり、こんな微妙な発言をした。

 小沢が進退に関し何らかの結論を出すことを“予告”したのではないか。永田町では首相発言にこんな解釈も駆けめぐったが、その後すぐに小沢は続投を表明し、騒ぎは収束した。ただ、再捜査が始まる小沢が居座ることは、ただでさえふらついている政権の足をさらに引っ張りかねない。

 「自分は不起訴相当になったんだから、(鳩山に)怖いものなんてない。ここでさすがは鳩山となるか、やっぱりダメとなるか…」

 ベテラン議員は、鳩山の「小沢切り」に期待をかける。内閣支持率が下げ止まらない鳩山政権を浮揚するには、「政治とカネ」の問題に一定のけじめをつける必要があるからだ。

 中堅議員は鳩山と小沢を突き放す。

 「鳩山が党代表として小沢を放置するのかという問題になる。検審の議決は(強制起訴となる)2回目も起訴相当となるのは間違いない。どうせ数カ月後に離党していなくなるヤツをどうするか、という話だ」

 閣僚の一人は「首相は時間をおいて小沢の進退を判断する可能性がある」と指摘する。とはいえ、決断には最適だった27日というタイミングを見逃した鳩山に、後になって小沢のクビに鈴をつける政治手腕が果たしてあるだろうか。

 ■座して死を待つ

 小沢は27日夜の記者会見後、副幹事長の佐藤公治ら側近議員数人、自身の秘書数人と東京・赤坂のなじみの居酒屋で杯を傾けた。昨年3月24日、西松建設による違法献金事件で秘書が起訴され、「涙の記者会見」で続投を宣言した際にも訪れた因縁の店だ。

 同じころ、近くの高級ホテルでは、小沢と距離を置く国土交通相、前原誠司の48歳誕生会が民主党国会議員約50人を集め、3日前倒しで盛大に開かれた。国家戦略担当相の仙谷由人や行政刷新担当相の枝野幸男も顔を出した。当選以来、小沢の影響下にあった1年生議員も出席した。

 「権力の座にある者は謙虚に節度を持って、心しなれければならない」

 主賓の前原はあいさつで、小沢を当てこするようにこう語った。出席者の一人は「検審の議決と同じ日になったのは、運命のいたずらだな」と語る。

 だが、その前原にしても、議決については「特にコメントはない」とし、小沢の辞任を迫ろうとはしない。この日のあいさつが指す意味についても、記者団に「小沢のことではない」と否定した。

 率先して「倒幕」に走る議員はおらず、ただ、政権がじり貧に向かうのを座して待っているようだ。

 いまや小沢の最側近とも言われる参院議員会長、輿石東ですら、夏の参院選には危機感を隠さない。

 「(民主党への)全国民の大きな期待が失望に変わりつつある」

 今回、改選を迎える輿石は24日、地元・甲府市での自身の選挙対策本部事務所開きでのあいさつで、こんな認識を示していた。それなのに、小沢に関しては「(潔癖を信じるのは)当然だ」としか言わない。

 中堅議員は27日夜、小沢の続投と鳩山の対応、そして現在の党のあり方についてこう吐き捨てた。

 「支持率は10%以下になるんじゃないか。気がおかしくなっている。国民を敵に回してしまっている」

 検審の議決は、鳩山民主党の「終わりの始まり」を告げた警鐘だったのかもしれない。(敬称略)

【関連記事】
身に迫る「国民の軽蔑」 首相の言動「評価しない」が82・9%
批判再燃…“沈黙”守る元秘書、小沢ガールズ 小沢氏「起訴相当」
石川氏供述や状況証拠から“関与認定” 小沢氏「起訴相当」
検察は反応さまざま「判断異なるのは当然」「政局に影響…」 小沢氏「起訴相当」
鳩山退陣の次は「衆参ダブル選」か 小沢氏“大奇策”シナリオ
「裸の王様」次に座るのは…

主任介護支援専門員のフォローアップ研修会、6月に第1回開催(医療介護CBニュース)
大にぎわいスカイツリー、親切にトイレマップ(読売新聞)
万博公園運営権「大阪府へ移譲」の判定 事業仕分け(産経新聞)
焼け跡から2遺体、首に圧迫の跡…富山(読売新聞)
タミフル半減で国内売上高9%減―中外(医療介護CBニュース)

舛添2ショットポスター慌てて回収 参院選の自民予定候補「無責任だ…」(産経新聞)

 自民党本部に舛添要一前厚生労働相が離党届を提出したことを受け、今夏の参院選奈良選挙区(改選数1)に同党公認で立候補を予定している元団体職員の新人、山田衆三氏(34)陣営が22日、党1区支部内に配布していた舛添氏との2ショットポスターの回収作業を始めたことが分かった。

 山田氏の事務所によると、回収するのは、舛添、山田両氏が登壇する演説会を告知する「弁士型ポスター」500枚。弁士型ポスターは立候補予定者が選挙前に顔と名前をPRできる数少ない手段で、陣営は新たな弁士ポスターを製作するという。

 山田氏は「舛添氏の離党はショックだが、党を混乱させ無責任に思う。党公認候補として、党が国民に信頼されるよう全力を尽くしたい」と話していた。

 参院選奈良選挙区では、山田氏のほか民主党の現職、前川清成(47)▽共産党の新人で大和高田市議の太田敦(38)▽幸福実現党の新人で団体役員の栗岡真由美(50)−の3氏が立候補予定。

【関連記事】
舛添氏 離党届提出 きょう「新党改革」結成
矢野氏「舛添さんを支えたい」 参院選出馬に含み 栃木
舛添新党、その名は「新党改革」 自民に離党届提出
共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」
舛添新党との連携、橋下知事が否定
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

景気判断、2期ぶり上方修正=5地域で改善−財務局長会議(時事通信)
政党交付金、8党に支給(時事通信)
両さん像壊された…亀有のシンボル設置からわずか1か月(スポーツ報知)
インフル、B型など季節性の割合が増加(医療介護CBニュース)
「親父を殺してもうた」29歳、弟乗せ追跡振り切り“死”の暴走(産経新聞)

略称「日本」重複、止める手だてない…総務相(読売新聞)

 原口総務相は16日の記者会見で、新党「たちあがれ日本」が参院選の比例選で使う略称を新党日本と同じ「日本」と決めたことについて、「今の公職選挙法では止める手だてはない」と述べ、届け出があれば受理されるとの見通しを示した。

 原口氏は「早急に制度的な担保を国会で議論いただければと思う」とも述べ、各党による同法改正に期待を示した。

 これに関連し、石原慎太郎・東京都知事は16日の記者会見で「日本は国家の名前だ。政党であろうと、早い者勝ちで独占的に(使える)というのはあり得ないと思う」と述べた。

J:COMケーブルテレビ回線電話が復旧(産経新聞)
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴−水戸地裁支部(時事通信)
血友病患者、30年ぶり全国集会=薬害エイズ乗り越え−東京(時事通信)
里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)
石塔 「韓国に返して」市民団体が要望(毎日新聞)

移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)

 社民党の重野幹事長と照屋寛徳国会対策委員長は15日、首相官邸で瀧野官房副長官と会い、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先として、米自治領の北マリアナ諸島連邦のサイパン、テニアンを日米の政府間交渉で検討するよう申し入れた。

 重野氏は申し入れ後、記者団に、「社民党の移設案は可能性がある提案だ」と強調した。

衝突「広がったら怖い」=邦人犠牲に困惑も−帰国の駐在員、旅行者ら・成田空港(時事通信)
踏切に幼女、非常ブレーキ間に合わず…京都(読売新聞)
<強制わいせつ>消防士を逮捕 バス車内で女性の足触り(毎日新聞)
人工歯根再使用疑惑の医院、感染対策が不十分(読売新聞)
【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)

近畿地方、夏日 大阪市などで今年最高気温(産経新聞)

 近畿地方は10日、高気圧に覆われて気温が上昇。兵庫県豊岡市で25・9度、大阪府豊中市で25度と夏日になるなど、今年の最高気温を記録する地域が相次いだ。

 大阪市でも5月下旬並みの24・9度に達し、同市西区の公園では、陽気に誘われて噴水で楽しそうに水遊びをする子供たちの姿がみられた。

 大阪管区気象台によると、11日の近畿地方は雲に覆われ、夜を中心に雨が降る見込みという。

【関連記事】
サクラ満開予想、近畿は寒の戻りでずれ込む
サクラ前線、民間3事業者予想は“善戦” 記録的早咲き「誤算」
雨の日に鼻水が出るのは…低気圧のせい?
平年同様、晴れの日多く 気象庁が3カ月予報
桜開花予想ハズレ…森田氏、頭下げる「大目に見てください」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

授業中に居眠り、日本の高校生45%!(読売新聞)
性同一性障害の元男性が痴漢「男のぬくもりが欲しかった」(スポーツ報知)
<児童虐待>施設の保育士や指導員 大阪 (毎日新聞)
<安中市長選>現職の岡田氏が再選 群馬(毎日新聞)
麻生前首相、きょう訪台(産経新聞)

<核安保サミット>幸夫人同行せず 首相「公務専念」演出?(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相が今月12、13日、核安全保障サミットに出席するため訪米する際、幸夫人が同行しないことが分かった。幸夫人は首相のすべての外国訪問に同行してきたが、今回は「夫人同伴だと旅行のように思われかねない」(首相周辺)と判断。内閣支持率の低下が続く中、公務に専念するイメージを打ち出す狙いがある。

 首相はこれまで米国や韓国などへ計8回出張。幸夫人も同行して首脳夫人と交流するなど「ファーストレディー外交」を続けてきた。ただ、政府専用機のタラップを手をつないで乗降する様子には、「浮ついている」などの批判が出ていた。オバマ米大統領が訪日した際、支持率低下を意識して夫人を同伴しなかったことも参考にしたという。【山田夢留】

【関連ニュース】
鳩山首相:6月訪中へ 上海万博出席、胡主席らと会談
普天間移設:結論出ない場合首相辞任は当然…下地氏が発言
鳩山首相:マニフェスト修正に前向き
鳩山首相:連合会長と「政府・連合トップ会談」
鳩山首相:戸別補償、コメ以外でも リアル鳩カフェで

「建築界のノーベル賞」に妹島・西沢氏(読売新聞)
<将棋>清水女流王位・女流王将が秋にコンピューターと対戦(毎日新聞)
「参加してよかった」高齢者対象の交通安全教室開催 警視庁大塚署(産経新聞)
国語教科書、新聞で読解力養うコーナーも(読売新聞)
<論文盗用>東大がトルコ籍の元助教懲戒解雇、経歴偽造も(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM